新型MacBook Air 2018 レビュー!ちょうど良いスペックに執筆作業のしやすさを極めたモデル!

MacBook Air 2018 レビュー

どのMacBookを買ったらいいのかと聞かれたら僕は迷わずに2018年11月に発売されたMacBook Air 13インチモデルをおすすめする。性能不足、価格が中途半端に高い。

そう批判されることも多いMacBook Airだが資料作成や執筆作業といった多くの方が必要としている作業においてはこのMacBook Airがあれば十分にこなすことができるし価格も日本円が円安傾向にあることを考えるとそんなもんかなと。ここでは、MacBook Air 2018はどんなデバイスなのか詳しくレビューしていきたいと思う。

MacBook Air 2018 レビュー

MacBook Airはしばらくアップデートされず時代遅れなパソコンになりつつあったが、2018年11月にデザインを完全刷新しRetinaディスプレイを搭載したMacBook Airが発売されました。旧来のMacBook Airを使っていたユーザーさんが新型を待ちきれず同じ13インチディスプレイを搭載しているMacBook Proに乗り換えてしまったという方もいるかもしれない。

今回発売されたMacBook Airは正真正銘の13インチのMacBook Airの新型モデルだ。MacBook Airの特徴であるくさび形のウェッジデザインを継承し資料作成や執筆作業といったことを快適に自然にこなすことができるようになった。

MacBook Air くさび型のウェッジデザイン

MacBook Airは非常によいデバイスに仕上がっている。CPUプロセッサがMacBookと同じ超低電圧版だから性能があまり高くないが旧型のMacBook AirやMacBookよりも性能が高いし動画の書き出しなどの負荷のかかる作業でなければIllustratorやPhotoshopといったクリエイティブツールを問題なく扱うことも可能となっている。

なので、多くにユーザーはMacBook Airを選ぶことで全ての作業をこなすことができ満足いく作業環境を手に入れることができるのではないかと思っている。

MacBook Airはとても優れたマシンに仕上がっている。実際にMacBook Airを使ってみて感じたメリットとデメリットについてレビューしていくのでMacBook Airの購入を検討している方はぜひとも参考にしていただければ幸いだ。

作業しやすいウェッジデザインを継承している

新型のMacBook Airは旧型のMacBook Airと同じくさび型のウェッジデザインを継承している。ウェッジデザインとは手前側に向けて傾斜のあるデザインのことでMacBook Airといえばこのデザインを思い浮かべる方が多いのではないだろうか。

2008年にMacBook Air 11インチモデルが始めて登場したがこのウェッジデザインは世界に衝撃を与えた。のちにMacBook Airを真似したデザインのパソコンをよく見るようになったのではないだろうか。

ウェッジデザインはただカッコイイだけのものではない。非常に機能性に満ちたデザインになっている。

MacBook Air 13インチモデルとMacBook Pro 13インチモデルの本体サイズは高さ以外は全く同じになっている。

MacBook Air MacBook Pro
本体サイズ 304.1 x 212.4 x 4.1〜15.6 mm 304.1 x 212.4 x 14.9mm
重量 1.25kg 1.37kg

しかし、先端が細くなっているウェッジデザインを採用することで持った時の感覚がワンサイズ小さく感じることができる。本体サイズは同じ大きさのMacBook Air 13インチとMacBook Proだが、持ち運びをするときに「MacBook Airの方が持ち運びしやすい」と感じることだろう。

また、手前に向けて傾斜があることでキーボードのタイピングが非常にしやすくなる。MacBook Proだと高さがあるので長時間作業することで手が疲れてしまうことがあるが、MacBook Airの傾斜のあるキーボードだと無理のないスタイルでキーボードをタイピングすることができるのか長時間作業をしていても手の疲労感を抑えることができる。

MacBook Air 2018 作業しやすいスタイル

MacBook Airといえばこのデザインを思い浮かべる方も多いだろうしMacBookといえばこのデザインと思っている方も多いのではないだろうか。

Retinaディスプレイを搭載した

新型のMacBook Air 2018は2,560 x 1,600ピクセル解像度のRetinaディスプレイを搭載したので高精細な画面で作業をすることが可能となっている。ただし、MacBook ProのRetinaディスプレイよりも品質が少しだけ低いものとなっている。

MacBook Air 2018 MacBook Pro 2018
解像度 2,560 x 1,600ピクセル
カラー規格 フルRGB P3
輝度 300ニト 500ニト
True Tone 非対応 対応

MacBook Pro 2018はP3の広色域ディスプレイに対応していて赤・青・緑といった色がとても鮮やかに表現することができるが、MacBook Airは通常のフルRGB規格に対応したディスプレイとなっている。とはいえ、並べて比べてみてもその違いを判別するのは難しいので写真を仕事にしている方でなければ特に気にする必要はないだろう。

MacBook Air Retinaディスプレイ

左:MacBook Air 2018、右:MacBook Pro 2018

True Toneテクノロジーは周囲の環境光に合わせて青白い画面を少しだけ暖色系の色合いに自動調整してくれる機能となっているがMacBook Air 2018にはTrue Toneテクノロジーは採用されていない。

MacBook Pro True Toneテクノロジー

左:MacBook Air 2018、右:MacBook Pro 2018

個人的にはTrue Toneに対応したディスプレイは長時間作業で疲れにくく非常に重宝する機能なのでMacBook Airには対応してないのは非常に残念なポイントのひとつだ。MacBook Airは執筆作業に非常に適したマシンなのでTrue Toneテクノロジーには対応しても良かったのではないかと思う。

ファンクションキーにTouch IDを搭載へ

MacBook Proは2016年にデザインを刷新したときにファンクションキーまで廃止をしてしまいTouch Barという機能を代わりに搭載した。Touch Barはタッチパネルを内蔵したOLEDディスプレイで表示が状況に合わせて可変するものとなっている。そして電源ボタンには指紋認証のTouch IDを内蔵している。

MacBook Pro Touch Bar搭載モデル

Touch Barは使っているアプリによって表示内容が変わるので使い方次第では非常に便利なものとなるが、タッチタイピングができないという致命的なデメリットもありパワーユーザーからは毛嫌いされている。プロユーザーが使うはずのMacBook ProのTouch Barが受け入れられていないのは致命的なようにも感じるが指紋認証のTouch IDだけ搭載してほしと望んているユーザーはかなり多いのではないだろうか。

そんな中でMacBook Airはファンクションキーを搭載したまま電源ボタンに指紋認証のTouch IDを搭載してきたのだ。

MacBook AirのTouch ID

まさかのMacBook Airのキーボードが理想的なものとなってしまった。ファンクションキーをそのまま搭載しつつTouch IDを使うことができるキーボード。最高。やっほい。と思った方はどれだけいるだろうか。また、MacBook AirのファンクションキーはMacBookやMacBook Pro 13インチ(Touch Barなし)に採用されているものよりも縦長サイズになったのでタイピングがしやすいように改良されている。

まさにMacBook Airは資料作成、執筆作業、コーディングに適したマシンへと進化を果たすことになったのだ。

キーボードは薄くしっかりとしたタイピング感を得ることができる

MacBook Airに搭載されているキーボードはMacBook Pro 2018にも採用されている第3世代のバタフライ構造のキーボードとなっている。バタフライ構造にキーボードはキーを極限まで薄くしたApple独自の構造を持ったキーボードで2015年に12インチMacBookに始めてと採用された。

MacBook Air 第3世代バタフライ構造のキーボード

US配列のキーボード

極限まで薄くしたバタフライ構造のキーボードは本体サイズの薄型化に大きく貢献することになったがタイピングの跳ね返り感をあまり得ることができなかったことから手が疲れてしまうという大きなデメリットがあった。

しかし、世代を重ねることに改良して2016年のMacBook Proに採用された第2世代のバタフライ構造のキーボードで薄さはそのままにタイピング感をしっかりと得ることができるように改良され、2018年のMacBook Proに採用された第3世代のバタフライ構造のキーボードは内部にフィルムをかぶせることでゴミ混入を防いで不具合を抑えるだけではなくタイピング音が静かになった。

新型のMacBook Air 2018も第3世代バタフライ構造のキーボードを搭載している。MacBook Pro 2018と同じ世代のキーボードだが少しだけMacBook Airに採用しているキーボードの方がタイピング音が静かになっているように感じる。さらに改良されているのか、本体デザインが違うことによる建て付けの違いが出ているのかもしれない。

いずれにしても新型MacBook Air 2018のキーボードはとても使いやすものになっている。傾斜のあるウェッジデザインとの組み合わせで快適に執筆作業をすることができるのは間違いない。

トラックパッドは程よいサイズに

MacBook Air 2018に搭載しているトラックパッドはMacBook Pro 13インチよりも一回り小さいものが採用されている。もちろん、感圧式なのでトラックパッドをグッと押し込むことでキーワードを辞書で簡単に検索するといった使い方をすることが可能だ。

MacBook Air トラックパッド

左:MacBook Air 2018、右:MacBook Pro 2018 トラックパッドの大きさ

MacBook Pro 13インチの大きなトラックパッドの方が操作性がいいように思うかもしれないが、MacBook Air 2018のトラックパッドも必要十分の大きさを確保しているので操作性は損なっていることはない。むしろ、これくらいの大きさの方がいいのかもしれない。

外部ポートはUSB-Cが2つ

MacBook Airの外部ポートはUSB-Cポートが本体左側に2ポート搭載されている。これはMacBook Pro 13インチ(Touch Barなし)と同じ構成となっている。

MacBook Air USB-Cポートが2つ搭載

充電はUSB- Cポートを使ってすることになるが、このスタイルは2015年以降にリリースされたMacBookシリーズの共通のものとなっている。MacBook AirのUSB-CポートはGen2の10Gbpsの通信速度に対応しており、さらにThunderbolt 3にも対応しているので対応端末であれば最大40Gbpsの高速通信でデータ転送をすることが可能となっている。

これはMacBook Proと同じ仕様となっておりAirでありながらProと同じ構成で運用することが可能なのだ。Thunderbolt 3に対応しているのでeGPUを接続することでひ弱なGPUの性能を飛躍的に向上させることが可能だ。

現在利用することができるeGPUは以下の二つとなっておりグラフィック性能だけはiMacやiMac Proと同じものにレベルアップすることができる。

  • Blackmagic eGPU Pro:Radeon RX Vega 56(8GB HBM2)
  • Blackmagic eGPU Pro:Radeon Pro 580(8GB GDDR5)

Radeon RX Vega 56はiMac ProやMacBook Pro 15インチのCTOモデルに採用されている高性能グラフィックカードだ。これをMacBook Airと組み合わせルコとも可能となる。ただし、MacBook AirのCPUの性能が弱いので最大限の性能を引き出すことが難しいものとなるので、宝の持ち腐れになる可能性は高いが、こういったマニアックな使い方もできる。というかグラフィック性能を求める方はMacBook Proを買おう!MacBook Airを買うと間違いなく後悔することになる。

本体右側には3.5mmヘッドフォンジャックが搭載されている。

MacBook Air ヘッドフォンジャック

iPhoneやiPad Proではヘッドフォンジャックは廃止されたがMacBook Airはまだ生き残っているので気軽にヘッドイヤホンやスピーカーに接続して音楽を楽しむことができる。ちなみに、MacBook Airの内蔵スピーカーは旧MacBook Airよりも音質が良いものが採用されていて音に広がりがあるのでMacBook AirだけでYouTubeやApple Musicで音楽を楽しむことも可能だ。

CPUの性能は高くはないが執筆作業には全く問題ない

MacBook Airに採用されているCPUプロセッサはIntelのCore i5となっているが中身はMacBookに搭載されていたCore m系の超低電圧版のYシリーズと呼ばれるプロセッサを採用しておりMacBook ProよりもMacBook寄りの性能となっている。

MacBookに採用されているCPUはYシリーズ(4.5W)、MacBook Airに採用されているCPUはYシリーズ(7W)となっており、MacBook Pro 13インチのTouch Barなしモデルに採用されているCPUはUシリーズ(15W)、Touch BarありモデルはUシリーズ(28W)となっている。

GeekbenchによるCPUの性能差はこのようになっている。

12インチMacBook 2017 13インチMacBook Air 2017(旧) 13インチMacBook Air 2018(新) 13インチMacBook Pro 2017(Touch Barなし) 13インチMacBook Pro 2018(Touch Barあり)
CPU Core m3-7Y32 1.2GHz 2コア Core i5-5350U 1.8GHz 2コア Core i5-8210Y 1.6GHz 2コア Core i5-7360U 2.3GHz 2コア Core i5-8259U 2.3GHz 4コア
TDP 4.5W 15W 7W 15W 28W
シングルコア 3526 3335 3984 4313 4512
マルチコア 6654 6120 7394 9071 16517

同じCore i5プロセッサでも随分と性能が違うことが分かる。新型のMacBook Airに採用されているCPUプロセッサの電力設計は7Wと旧型のMacBook AirのCPUプロセッサの半分以下となっているが性能は向上している。このスコアは2016年モデルのMacBook Pro 13インチ(Touch Barなし)と同じくらいなので、実用では十分に耐えることができる。

ちなみに、MacBook Pro 13インチの2018年モデルのCPUプロセッサは2コアから4コアにグレードアップしたのでCPUの性能が従来モデルと比べ物にならないくらいに向上している。実際にMacBook Pro 13インチの2018年モデルも使っているがあらゆる処理も快適に動作するので、これをメインマシンにして運用することは十分に可能だ。

グラフィック性能をMacBook Air 2018とMacBook Pro 13インチ 2018年モデルで比較をしてみた。

OpenCLはMacBook Airが21018、MacBook Pro 2018が34549というスコアとなった。

MacBook AirとMacBook ProのGPU性能比較

左:MacBook Air 13インチ 2018、右:MacBook Pro 13インチ 2018

MetalがMacBook Air 2018が22158、MacBook Pro 2018が35375というスコアになった。

Metalの性能比較

左:MacBook Air 13インチ 2018、右:MacBook Pro 13インチ 2018

どちらも CPU内蔵のGPUだがMacBook Proの方が1.7倍ほど性能が高くなっていることがわかる。これくらい性能が高いとIllustratorやPhotoshopといったクリエイティブツールも快適に動かすことが可能だ。なので、デザイン作業がメインとなるならMacBook AirよりもMacBook Proの2018年モデルを選んだ方がいいのは間違いないだろう。

なお、新型のMacBook Air 2018のSSDストレージは旧型よりも60%ほどデータ転送性能が向上しているのでアプリケーションの起動やデータの保存速度が速くなっている。実際にSSDの速度を計測してみたところ書き込み速度が500MB/s、読み込み速度が1800MB/sだった。

書き込み速度が少し遅いがこれは128GBの容量のSSDだからで256GBのSSDなら1000MB/sほど、1.5TBのSSDなら2000MB/sほどの転送速度が出ることが明らかになっている。SSDは容量が多いほど転送速度が速くなるという性質を持っている。なので、少しでも性能の高いMacBook Airが欲しい場合は容量の多いモデルを選ぶことをおすすめしたい。

価格は安くはない

新型MacBook Air 2018は128GBモデルで134,800円となっており、MacBook Pro 13インチ 2017(Touch Barなし)の142,800円より8,000円ほど安く買うことができる。

12インチMacBook 2017 13インチMacBook Air 2017(旧) 13インチMacBook Air 2018(新) 13インチMacBook Pro 2017
128GB 98,800円 134,800円 142,800円
256GB 142,800円 120,800円 156,800円 164,800円
512GB 175,800円 142,800円 178,800円 186,800円
1TB 230,800円
1.5TB 266,800円

MacBook Pro 13インチ 2017年モデルとMacBook Air 2018は性能的にはさほど差がなくMacBook AirにはTouch IDを搭載していることを考えると、MacBook Airのほうが高機能といえるかもしれない。

しかし、旧型のMacBook Airは99,800円で買うことができ、新型は4万円も高くなってしまった。たしかにRetinaディスプレイを搭載して性能が向上しているので価格が高くなってしまうのは納得なのだが、一気にこれだけの価格が上がるとなると従来のMacBook Airをつかっていたユーザーはそう簡単に乗り換えることはできないかもしれない。

しかし、MacBook Air 13インチモデルは2010年にはじめて登場したマシンだが当時は118,000円でリリースされ非常に低下価格で買うことができた。しかし、当時の為替レートは1ドル90円程度。2018年は115円前後。25円も円安になってしまったのだ。

MacBook Airの2010年モデルは米国では1,299ドルで販売された。2018年モデルの米国価格は1,199ドルとなっている。つまり、100ドル値下げしているのだ。

しかし、日本は円安になったことで118,000円から25,000円ほど高い134,800円という価格になってしまったので為替レートの影響で高く見えてしまうが実際は新型のMacBook Air 2018は初代よりも安い価格になっているのだ。

どのモデルを選ぶべきかポイントが分かりやすくなった

新型のMacBook Air 2018が登場したことで明確にどのモデルを選ぶといいか分かりやすくなったように感じる。

今まではMacBook Pro 13インチのTouch BarなしかTouch Barありで迷うことが多かったと思う。特にTouch Barなしモデルは2018年にアップデートされる2017年モデルのまま。そこに新型のMacBook Air 2018がTouch IDを搭載して発売されたので、そこまでの性能は必要ないという方にとっては最高のデバイスとなる。

各モデルの選び方を簡単にまとめてみた。

  • MacBook:最小最軽量なので移動中でも作業をしたい方におすすめ
  • MacBook Air(Retina):資料作成や執筆作業に適していて多くの方におすすめ
  • MacBook Pro 13インチ(Touch Barなし):おすすめしない
  • MacBook Pro 13インチ(Touch Barあり):デザイン作業、動画編集することが多い方におすすめ
  • MacBook Pro 15インチ(Touch Barあり):あらゆる作業を快適に使いたい方におすすめ

2017年モデルのMacBook Pro 13インチ(Touch Barなし)はMacBook Airの代わりとしてラインナップされていたこともありMacBook Airとスペックが似通っているところがある。2018年にアップデートされなかったことを考えると今後は廃止される可能性は非常に高いので個人的にはあまりオススメしていない。資料作成や執筆作業が多いのであれば新型のMacBook Airを選んだ方がいいだろう。

follow us in feedly