新型iPad Pro 2018は11インチと12.9インチに?デザイン・スペック・価格・発売日は?

新型iPad Pro 2018

iPad ProはApple PencilとSmart Keyboardを使うことができるiPadのフラグシップモデルで現在は10.5インチと12.9インチの二つのモデルがある。

現行モデルは2017年6月にリリースされたもので発売が開始されてから1年経過しており、そろそろ新型モデルの登場が期待されているのだが、2018年秋に新型のiPad Proがリリースされるのではないかと噂になっている。

新型iPad ProはiPhone Xと同じように顔認証のFace IDが採用されてホームボタンが撤廃されベゼルレスデザインが採用されると見られている。新型iPad Pro 2018はどのようなモデルになるのだろうか。現時点で出ている情報をまとめたいと思う。

新型iPad Pro 2018 デザイン・スペック・価格(噂)

デザインはベゼルレスデザインに

新型iPad Pro 2018は顔認証のFace IDが搭載されることにより、ホームボタンが撤廃されてベゼル幅が狭くなり本体に対しての画面占有率が高くなるとみられている。

iPhone Xは前面カメラやFace IDのセンサーを避けるために切り欠きのあるノッチデザインが採用されているが、新型iPad Proに関してはサイズ的に余裕があるのか、ノッチデザインを採用することなくベゼルレススタイルを実現するようだ。

ノッチデザインが採用されない可能性が指摘されている根拠となっているのがiOS 12のベータ版に新型のiPad Proと見られるアイコンが発見されるなどしているからだ。

新型iPad Pro 2018 iOS 12のアイコン

新型iPad Pro 2018 iOS 12のアイコン

左が現行モデルのiPad Proのアイコンで右が新しく発見されたiPad Proのアイコンで画面上部にノッチがないのが確認できる。また、全体的にベゼル幅が狭く画面の占有率が高くなっているのがわかる。とてもシンプルでいい感じのデザインだ。

また、新型iPad Pro 2018はデザインが刷新されてiPhone SEを巨大化させたかのようなデザインになるという情報もある。

初代iPadを彷彿とさせるデザインとなっており個人的にはなかなかカッコイイ。現在のiPadは2013年にリリースされたiPad Airから採用されたデザインがベースとなっておりすでに5年が経過している。そろそろデザイン刷新してもイイ頃合いなのかもしれない。

果たしてどのようなデザインに生まれ変わるのか非常にきになるところだ。

画面サイズは11.9インチと12.9インチの二つに

現行モデルのiPad Pro 2017は10.5インチと12.9インチの二つのモデルがあるが、新型iPad Pro 2018は11.9インチと12.9インチの画面サイズになるとみられている。11.9インチは現行モデルの10.5インチとほぼ同じ本体サイズとなっている。

12.9インチは画面サイズを維持したまま本体サイズを小さくなる可能性があるのかもしれない。

  • 10.5インチiPad Pro → ベゼルレス11.9インチiPad Pro(本体サイズはそのまま?)
  • 12.9インチiPad Pro → ベゼルレス12.9インチiPad Pro(本体サイズは小さくなる?)

iPad Pro 2017の12.9インチモデルは本体サイズがかなり大きいと感じることがあるので、画面サイズをそのままで本体サイズが小さくなるのはかなりメリットを感じることができそうだ。

謎のポートが搭載される

新型iPad Pro 2018の背面下部に謎のポートが搭載される可能性があることがリークしたケースの形状から明らかになっている。

キーボードと接続するためのSmart Connectorではないかという情報もあるが、なぜこんな目立つところにSmart Connectorが搭載されるのか疑問が残る。個人的にはSmart Connectorではないもっと別の機能を持った何かではないかと思っている。

CPUはA11Xチップ(8コア)を採用か

2018年9月にリリースされるiPhone XsシリーズはA12チップが採用されるが、iPad ProはA11 Bionicチップの改良型のA11Xチップが搭載されると噂されている。

とはいえプロセスルールは10nmから7nmに微細化されて高性能コアが3つ、省電力コアが5つ内蔵した8コア(オクタコア)CPU仕様となり、消費電力を抑えつつ大きく性能が向上することになるようだ。

SoC A12 A11X A11 A10X
デバイス iPhone Xs iPhone Pro 2018 iPhone X iPad Pro 2017
コア数 6コア(3+3) 8コア(3+5) 6コア(3+3) 6コア(3+3)
プロセスルール 7nm 7nm 10nm 10nm

A11XチップよりもA12チップの方が世代が新しいと思うかもしれないがプロセスルールはA12とA11X、A11とA10Xが同じ世代となっているので、新型iPad Pro 2018に採用されるA11Xチップは最新のプロセッサと言っていいだろう。

ストレージ容量と本体価格

新型iPad Pro 2018は現行モデルのiPad Pro 2017から置き換わるデバイスとなるので、基本的には価格は据え置きになるのではないだろうか。

ストレージ容量も現行と同じ64GB、256GB、512GBの3モデルになると思う。さすがにiPad Proで1TBの容量は必要ないだろう。まあ、4K動画をバリバリ扱うなら別かもしれないが、それならMacの方が圧倒的に使いやすい。

11インチに置き換わるだろう10.5インチiPad Proの価格はこんな感じ。

  • iPad Pro 10.5(2017)→ iPad Pro 11.9 (2018)
  • 64GB:69,800円
  • 256GB:86,800円
  • 512GB:108,800円

12.9インチiPad Proの価格はこんな感じ。

  • iPad Pro 12.9(2017)→ iPad Pro 12.9 (2018)
  • 64GB:86,800円
  • 256GB:103,800円
  • 512GB:125,800円

やはり12.9インチモデルのiPad Proは高いなーと感じてしまう。もう少しだけ安くなってくれると嬉しい。

発表と発売日

iPad Pro 2017は2017年6月に開催されたWWDC 2017で発表されたので2018年モデルもWWDC 2018にお披露目されると思ったのだが結果されなかった。ということで、2018年秋に新型iPad Pro 2018が発表されるのではないかと噂になっている。

秋といえば9月にiPhoneの発表会があるのが通例となっているが、ここでは発表されない見通しで10月に別途開催されるイベントで新型iPad Pro 2018が発表される可能性があるようだ。

iOS 12の中にすでに新しいデザインを採用したiPad Proのアイコンがあることを考えると、やはり2018年10月に発表される可能性は非常に高いと言っていいのかもしれない。

follow us in feedly